著作紹介



MyBooks
これまでに刊行した著書(編著、単著、共著等)を紹介しております。
高齢者虐待にどう向き合うか: 安心づくり安全探しアプローチ開発
 価格¥2700(税込み) 瀬谷出版(2013年)


介入モデルの開発方法であるM=D&D
(修正版デザイン・アンド・デベロップメント)に基いて、
安心づくり安全探しアプローチ(AAA)を開発したプロセスと方法について、
ていねいに記述したものです。
AAAの実践家に対するや、実践における有用性に関する評価研究も含んでいます。
 
『高齢者虐待防止のための家族支援 (安心づくり安全探しアプローチ<AAA>ガイドブック』
価格: ¥ 2.500+税 誠心書房 (2012/10)

解決志向アプローチの哲学(考え方)とスキルに基づいた
高齢者虐待防止のアプローチを学ぶためガイドブックです。
このアプローチは、虐待を受けている/そのおそれのある高齢者だけでなく、
虐待をするに至った/虐待するおそれのある養護者を支援すること、
つまり、家族全体を支援するアプローチです。
また、介入・支援を行う援助職の負担感を減らし、対処可能感の向上を支援する方法です。
『高齢者と福祉―ケアのあり方 (リーディングス日本の社会福祉) [単行本]』
価格: ¥ 3.990(税込)日本図書センター (2010/09)

   高齢者ケアに関する比較的新しい論文27本を集めたものです。
   私は、序論において、ケアに焦点を当てた理由、
   6つのテーマ(ケアの思想、ケアの利用と家族介護、
   ケアの結合とトータルな支援、ケアの質、ケア労働とケアワーカー、相互行為としてのケア)
   についての研究の流れと、27本を選択した理由について述べています。


『社会福祉研究 (放送大学大学院教材)』
価格: ¥ 2,415 (税込) 放送大学教育振興会 (2010/03)

   放送大学大学院のラジオ放送のテキストです。
   私は、6「社会福祉の専門性」、11「ソーシャルワーク」、
   13「社会福祉の管理・運営」を書かせていただきました。    

ソーシャルワークの研究方法―実践の科学化と理論化を目指して
価格: ¥ 3.150 (税込) 相川書房 (2010/06)

   多様な角度からソーシャルワークの研究方法を提示したものです。
   私は、8章「ソーシャルワークにおける介入研究の方法」を、
   芝野松次郎先生のM-D&Dを中心に書かせていただきました。    

『ソーシャルワーク記録:理論と技法』
価格: ¥ 2,520 (税込)(誠信書房、2006年)

   ソーシャルワーク記録に関する、理論と技法を背景的にわかりやすく解説したものです。
   全体はT理論編、U実際編―各機関のソーシャルワーク記録―、
   V演習編、W付録の四部構成になっております。    

 『高齢者虐待防止トレーニングブック』
高齢者虐待防止センター編

価格: ¥¥ 2,310 (税込)(中央法規出版、2006年)

   高齢者虐待防止法の施行をふまえ、虐待問題に取り組む立場にある市町村の担当職員や、
   地域包括支援センター職員の方々へのガイドブック兼トレーニングブックです。
   
   

社会福祉援助技術論
――ジェネラリスト・アプローチの視点から――

価格: ¥2,300 (税込)(誠信書房、2005年)

   都立大の「社会福祉方法論」の授業で話してきた内容をまとめたものです。
   ソーシャルワークを体系的に理解できるように、具体例を入れわかりやすく説明しています。
   社会福祉士として必要な基礎的な価値、知識、技術を相互に関連づけて学べるよう工夫しました。
   

ソーシャルワークの実践モデル
心理社会的アプローチからナラティブまで
価格: ¥2,800 (税込)(川島書店、2005年)

   ソーシャルワークの実践アプローチについて、法政大学の教授でいらした
   久保紘章先生と編集させていただいたものです。
   心理社会的アプローチなどが12の実践モデルがわかりやすく解説されています。
   私は、「ジェネラリスト・アプローチ」と「ケアマネジメント」を執筆しています。

 社会福祉キーワード
     有斐閣双書KEYWORD SERIES
   価格: ¥1,785 (税込)(有斐閣、2004年)

   社会福祉に関するキーワード100個を、1つずつ見開きで説明したコンパクトな本です。
   御茶ノ水女子大の平岡公一先生、日本福祉大学の平野隆之先生と編集させていただいたもので、
   私の担当部分は、「9章家族」の一部と「10章援助実践」「11章援助職」のキーワード25個分です。
  ソーシャルワーク実践の基礎理論
 社会福祉基礎シリーズ

 価格: ¥1,995 (税込)(有斐閣、2002年)

   ソーシャルワークとは何かから始まって、ソーシャルワークの構成要素や実践過程、
   歴史などをていねいに論じた本です。東海大学の北島英治先生、
   元日本社会事業大学(現東洋大学)の高橋重宏先生、
   関西学院大学の渡部律子先生と編集させていただきました。
   私の執筆したのは、「2章ソーシャルワークの視点・目標・価値・倫理」
   「8章ソーシャルワーカーの役割」です。
現代社会福祉の争点〈上〉
社会福祉の政策と運営

価格: ¥3,150 (税込)(中央法規、2003年)

   介護保険の実施、社会福祉基礎構造改革以後の
   社会福祉の政策と運営に関する論点を取り上げ、
   1つずつその分野に詳しい研究者が論じた本です。
   東洋大学の古川孝順先生、秋元美世先生と編集させていただきました。
   私は「社会福祉と家族:児童養育政策にみる『脱家族化』の過程」を執筆しました。
現代社会福祉の争点〈下〉
社会福祉の利用と権利

価格: ¥3,150 (税込)(中央法規、2003年)

   介護保険の実施、社会福祉基礎構造改革以後の
   社会福祉の利用と権利に関する論点を取り上げ、
   1つずつその分野に詳しい研究者が論じた本です。
   東洋大学の古川孝順先生、秋元美世先生と編集させていただきました。
   私は「協働:対人間・職種間・組織間」を執筆しています。
介護保険下の在宅介護支援センター
―ケアマネジメントとソーシャルワーク --

価格: ¥3,360 (税込)(中央法規、2004年)

   介護保険実施直前に在宅介護支援センターの職員さんたちを対象に行ったヒアリング調査や、
   実施後に行った業務に関するタイムスタディの結果をもとに、
   介護保険下の在宅介護支援センターの役割を論じたものです。
   2006年度以降、在宅介護支援センターの多くが地域包括支援センターに以降したとしても、
   ここで論じている役割の多くは変わらないと思っています。
在宅介護支援センターのケアマネジメント
価格: ¥2,940 (税込)(中央法規、1997年)

   1990年代になって本格的に導入されるようになったケアマネジメントを
   大きく2つのモデルに整理し、その1つのモデルにもとづいてゴールドプランで創設された
   在宅介護支援センターにおけるケアマネジメントの意味と意義を論じたものです。
   また、1994年に行った在宅介護支援センターの事例研究結果も記述しています。
社会福祉士・精神保健福祉士
ケアマネジャーになるために

価格: ¥1,680 (税込)(誠信書房、2000年)

   東洋大学の古川孝順先生と編集させていただいた、社会福祉士、
   精神保健福祉士、ケアマネジャーになるためのガイドブックです。
   社会福祉に専門資格が必要となった社会的背景を論じた章や、
   韓国の社会福祉士養成を論じた章(建国大学李英分先生執筆)が含まれており、
   たんなるハウツー本ではありません。
高齢者福祉論 社会福祉選書
価格: ¥2,940 (税込)(建ぱく社、2000年)

   日本大学の田中荘司先生が中心となって編集された高齢者福祉に関するテキストです。
   私は「高齢者に対する相談援助活動」について執筆しています。
ソーシャルワーク演習〈上〉
社会福祉基礎シリーズ

価格: ¥1,995 (税込)(有斐閣、2002年)

   ビネットを豊富に使ってわかりやすく、考えながらソーシャルワーク実践を演習で学ぶための本です。
   東海大学の北島英治先生、元日本社会事業大学(現東洋大学)の高橋重宏先生、
   関西学院大学の渡部律子先生と編集させていただきました。
嗜癖問題と家族関係問題への専門的援助
―私的相談機関における取り組み--

価格: ¥2,625 (税込) (ミネルヴァ書房、1998年)

   アルコール依存や薬物依存、ギャンブル依存など、
   アディクション(嗜癖問題)のカウンセリング機関である
   遠藤嗜癖問題相談室の室長遠藤優子さんと編集させてもらった本です。
   アディクションや家族関係問題に悩む当事者や家族に対する援助の方法と実際を論じています。




著作紹介